共同利用・共同研究の概要

    

新潟大学脳研究所は平成22年4月より,文部科学省の共同利用・共同研究拠点「脳神経病理標本資源活用の先端的共同研究拠点」として認定され,ヒト脳疾患の克服を目指し,本研究所が所有する膨大な脳神経疾患に関わる資源と,それに関わる専門的な知識・技術をわが国の脳科学研究者コミュニティに公開し,脳神経病理学とその関連分野において多様な共同研究を創出し,実施してきました。その結果,脳神経疾患の病態メカニズムの解明につながる数多くの実績を挙げてきました。
この度,脳研究所の活動が文部科学省の評価を受け,平成28年4月1日から共同研究領域の広がりを踏まえて,「脳神経病理資源活用の疾患病態共同研究拠点」に拠点の名称を変更し,共同利用・共同研究拠点として認定更新されました。

認定内容

拠点名:脳神経病理資源活用の疾患病態共同研究拠点
認定期間:平成28年4月1日~平成34年3月31日

目的・意義・必要性

本研究所に蓄積されてきた世界有数規模の脳神経病理標本資源と最先端の脳機能画像解析技術を基に,アルツハイマー病等の脳神経疾患に関する脳病理・病態解析,早期診断技術開発,進行抑制治療に向けた橋渡し等の課題を先進的に研究し,その成果を発信するわが国唯一の共同利用・共同研究拠点として,世界をリードします。

取組内容・期待される効果

わが国を代表するヒト脳神経病理標本資源,およびモデル動物資源,さらに臨床応用に向けた橋渡し研究の基盤等を活用して,国内外の研究者と共同研究を展開することにより,難治性脳神経疾患の克服に向けて,疾患の病態解明,早期画像診断法の確立,新規の進行抑制治療法の開発等の効果が期待されます。

kyoten_bri.jpg

国立大学共同利用・共同研究拠点協議会提供「知の拠点【すぐわかアカデミア。】」のご紹介

本研究所は,全国共同利用・共同研究拠点協議会に加入しており,他の共同利用・共同研究機関と相互に連携を通じて共同利用・共同研究を振興し,日本の学術発展に寄与しております。

国立大学共同利用・共同研究拠点協議会提供『知の拠点【すぐわかアカデミア。】』では,毎月2件更新される動画配信の講義を通じて、学問の最先端の様子を広く一般の方々や学生の方々にお届けしています。

こちらのサイトでは,各拠点の活動内容もわかりやすく紹介されていますので,是非ご覧ください。

国立大学共同利用・共同研究拠点協議会ホームページ 知の拠点【すぐわかアカデミア。】こちらから

なお,2020年5月15日にシステム脳病態学分野の上野 将紀 教授の講義が以下にて配信されました。

講演4:すぐにわかる体を動かす神経回路 ~その仕組みと病気の研究~
上野 将紀・テニュアトラック教授(新潟大学脳研究所)

学内関連サイト

  • 医歯学総合研究科
  • 新潟大学医学部医学科
  •   
  • 新潟大学
  • 新潟大学医歯学総合病院
  • 学内専用ページ
このページの先頭へ戻る