202008.dept.b_t_b.pic.jpg

メンバー

准教授
武井 延之
TAKEI Nobuyuki

助教
岩倉 百合子
IWAKURA Yuriko

研究概要

細胞は外部からの刺激をうけて機能を変容します。私達は脳の細胞である、神経幹細胞、神経細胞、グリア細胞、そして脳腫瘍細胞の培養系を用い、外部からの刺激(神経伝達物質、ペプチド、神経栄養因子、増殖因子、サイトカイン、栄養素、温度変化)によって、細胞内のシグナル伝達系の変化と代謝の変化という生化学的反応が、増殖や分化といった生物学的応答に変換される過程を研究しています。齧歯類の初代培養やヒトiPS細胞を用い、正常発達過程と病的変化の過程を追っていきます。正常細胞と腫瘍細胞のシグナル系/代謝系の比較から、神経幹細胞の増殖/分化のスイッチ機構を解明し、それを腫瘍の増殖抑制→制癌へとフィードバックします。
また冬眠哺乳動物であるシマリスの神経幹細胞を用い、温度変化による細胞内代謝変化のメカニズムを解析し、シマリスの持つ長寿命、かつ発癌抵抗性の謎にも迫り、ヒト細胞への応用を目指します。
  • 樹状突起や成長円錐での刺激に応答した局所的蛋白質合成の図

  • 冬眠シマリス脳からの神経細胞初代培養:MAP2免疫染色
の図

    -クリックすると画像が拡大します-

このページの先頭へ戻る