202205_柿田先生画像

メンバー

教授
柿田 明美
KAKITA Akiyoshi

准教授
清水 宏
SHIMIZU Hiroshi

助教
中原 亜紗
NAKAHARA Asa

研究概要

私たちのラボは、チームとして、神経・精神疾患の剖検例を対象とした臨床病理、および脳腫瘍やてんかん原性脳病巣等の手術・生検例を対象とした外科病理を行なっており、また脳神経疾患の病態形成機序を明らかにする研究を進めています。

ミッション

信頼性の高い臨床病理診断と知見を提供し、また医学・医療分野としての神経病理学を推進する

ヴィジョン

  • 私たちは、教育研究機関の病理学教室として、神経系を専門とした臨床病理診断と研究を進めます
  • 私たちは、包括的あるいは革新的方法論を積極的に取り入れ、患者や社会のニーズに叶う、また学術動向にみあう、ラボとしての経験知を構築します
  • 私たちは、ラボ独自の研究や他施設との共同研究を通して、脳神経に関する医学や実践的医療の推進に努めます
  • 私たちは、神経病理学の診断と研究を担うリーダーの育成に努めます

202107.dept_pathology.pic.jpg
PARK2は、常染色体劣性遺伝形式で最も頻度の高い若年性 パーキンソン病であり、原因遺伝子はPRKNです。遺伝子検索では、ゲノムDNA解析だけでは十分とは言えず、cDNAのシークエンスが必要でした (inset)。中脳黒質緻密層の神経 細胞脱落の分布と程度はいずれも類似し、Parkin蛋白の減少が関与していると推測いたしました。Seike N, Yokoseki Aet al, Mov Disord 2021; 36: 1634-1643.

このページの先頭へ戻る