松井先生画像
松井秀彰 教授のホームページはこちら

メンバー

教授
松井 秀彰
MATSUI Hideaki

准教授
菱田 竜一
HISHIDA Ryuichi

准教授
山中 智行
YAMANAKA Tomoyuki

助教
土肥 栄祐
DOHI Eisuke

特任助教
酒井 晶子
SAKAI Akiko

研究概要

ヒトの脳の中には千億とも言われる神経細胞とそれ以上のグリア細胞が存在し、その機能を司っています。神経細胞を星に例えると、さながら脳は小宇宙とも言えますが、さらに複雑なことに神経細胞は多数の突起をのばして各々にシグナルを伝達しあっています。ある意味では宇宙よりも複雑かもしれません。
宇宙の星の一つ一つを全て研究することは技術的にも理論的にも時間的にも不可能です。しかし身近な太陽や太陽系の惑星を研究することで、他の恒星や惑星の性質を類推することは可能です。同じように脳の神経細胞およびその連絡を一つ一つ明らかにすることも同様に不可能ですが、ミニチュア版の脳が存在すればそこから類推し正しい結論を導きだすことは可能です。
私達は小型魚類の中枢神経を研究することで、ヒトの脳内で起きている現象を明らかにします。特に脳・神経機能の異常によっておこる疾患や障害の原因を明らかにし、その治療や理解に結びつけます。我々人類は魚類を経て進化しており、ほとんどの脳・神経の構造や機能は既に魚の段階から存在します。魚で脳・神経の働きおよび病態を解明し、得られた知見を脳研究所に蓄積されたヒト試料と照らし合わせることで、これまで難しかったヒト神経精神疾患の治療や理解につなげていきます。

画像1

小型魚類の脳神経系。マゼンダはTH陽性のドパミン及びノルアドレナリン神経。

画像1

アフリカメダカは加齢及びαシヌクレイン依存性にパーキンソン病様の表現型を呈する。

このページの先頭へ戻る