202205_藤井先生画像

メンバー

教授
藤井 幸彦 FUJII Yukihiko
准教授
大石 誠 OISHI Makoto
助教
平石 哲也 HIRAISHI Tetsuya
助教
棗田 学 NATSUMEDA Manabu

講師(病院)
長谷川 仁 HASEGAWA Hitoshi
助教(病院)
佐野 正和 SANO Masakazu
助教(病院)
岡田 正康 OKADA Masayasu
助教(病院)
鈴木 倫明 SUZUKI Tomoaki
助教(病院)
塚本 佳広 TSUKAMOTO Yoshihiro
病院専任助教
髙橋 陽彦 TAKAHASHI Haruhiko

病院専任助教
小倉 良介 OGURA Ryosuke

病院専任助教
中山 遥子 NAKAYAMA Yoko

研究概要

新潟大学脳研究所脳神経外科学分野は、「我が国の脳神経外科の父」と称される中田瑞穂先生が、日本で最初の脳神経外科独立講座として1953年に開設され、これまで脳腫瘍、脳血管障害、頭 部外傷、機能外科といった分野の診療・研究において日本をリードしてきました。 全国の脳神経外科教室の中でも、脳研究所という神経研究を専門とした基礎医学教室と自由に連携が取れる環境 で臨床・研究に当たることができることは大きな特色であります。 臨床で生じた疑問から基礎研究が生まれ、また臨床にフィードバックすることこそ、中田瑞穂先生が脳研究所設立当初に立てられた構想そのものであり、私たちはそれを継承し、研究結果を世界に向けて発信してゆく使命があり、現在も教室員一同で新たな挑戦を続けています。現在取り組む研究課題としては、(1) 患者由来脳腫瘍細胞を用いた最適治療を解明する研究、(2) 脳脊髄液などの体液から得られるcell free DNAを用いた腫瘍診断法の開発(図1)、(3) ヒト神経軸索の再生や成長機構の解明、(4) 高難度の脳神経外科手術を確実なものとする手術支援システム・教育トレーニングシステムの開発、(5) フラビンタンパクイメージング基盤とし神経活動領域の術中可視法の確立(図2)、(6) 西新潟中央病院てんかんセンターと連携したてんかんの病態解明に関する研究、などがあります。

脳脊髄液などの体液から得られるcell free DNAを用いた腫瘍診断法の開発.jpg

フラビンタンパクイメージング基盤とし神経活動領域の術中可視法の確立.jpg

このページの先頭へ戻る