新規の日本人アルツハイマー病関連遺伝子座位群を発見

2021年03月03日

概要

 新潟大学脳研究所 遺伝子機能解析学分野の 宮下 哲典 准教授,原 範和 特任助教,池内 健 教授らと,国立長寿医療研究センター メディカルゲノムセンターの尾崎浩一部長,重水大智ユニット長らの共同研究グループは,日本人および欧米人の遺伝的多型情報を基にアルツハイマー病(AD)の新規関連遺伝子座位群を発見しました。本研究結果は,アルツハイマー病のリスク因子群を用いた早期発症予測法の開発及び,アルツハイマー病の関連分子の同定と病因解明から治療薬開発に貢献することが期待されます。

本研究成果は科学雑誌 Translational Psychiatry に、2021年3月3日付で公開されました。

■公開論文はこちら
■詳細はこちら

210301.seika_pic.jpg

研究分野

このページの先頭へ戻る