臨床神経科学部門
脳神経外科学分野

新潟大学脳研究所脳神経外科学分野は,「我が国の脳神経外科の父」と称される中田瑞穂先生が,日本で最初の脳神経外科独立講座として1953年に開設され,これまで脳腫瘍,脳血管障害,頭部外傷,機能外科といった分野の診療・研究において日本をリードしてきた.全国の脳神経外科教室の中でも,脳研究所という神経研究を専門とした基礎医学教室と自由に連携が取れる環境で臨床・研究に当たることができることは大きな特色である.臨床で生じた疑問から基礎研究が生まれ,また臨床にフィードバックすることこそ,中田瑞穂先生が脳研究所設立当初に立てられた構想そのものであり,私たちはそれを継承し,研究結果を世界に向けて発信してゆく使命があり,現在も教室員一同で新たな挑戦を続けている.現在取り組む研究課題としては,(1)難病である悪性神経膠腫の治療法開発を目指して腫瘍幹細胞やオートファジーを利用した研究 (Fig.1),(2)高難度の脳神経外科手術を確実なものとする手術支援システム・教育トレーニングシステムの開発,(3)西新潟中央病院てんかんセンターと連携したてんかんの病態解明に関する研究,などがある.

教授 藤井 幸彦 FUJII Yukihiko
准教授 大石 誠 OISHI Makoto
助教 平石 哲也 HIRAISHI Tetsuya
助教 棗田 学 NATSUMEDA Manabu
講師(病院) 長谷川 仁 HASEGAWA Hitoshi
助教(病院) 菊池 文平 KIKUCHI Bumpei
助教(病院) 中村 公彦 NAKAMURA Kimihiko
助教(病院) 佐野 正和 SANO Masakazu
特任教授(病院) 米岡 有一郎 YONEOKA Yuichiro
特任教授(病院) 吉村 淳一 YOSHIMURA Junichi
特任助教(病院) 岡田 正康 OKADA Masayasu
特任助教(病院) 三橋 大樹 MITSUHASHI Daiju
  • グリオーマ幹細胞はNestin(A.)及びMusashi(B.)を発現する。C. グリオーマ幹細胞株をNotch inhibitor(NI)及びAutophagy inhibitor(AI)で治療するとコロニー形成能は著しく失われる。

学内関連サイト

  • 医歯学総合研究科
  • 新潟大学医学部医学科
  • 新潟大学
  • 学内専用ページ
このページの先頭へ戻る