統合脳機能研究センター
生体磁気共鳴学分野

量子理論の身近な応用である磁気共鳴は、多彩な脳機能検索法を提供する応用性の高い学問として名高い。 非侵襲性検索法の技術開発は脳機能解析にとって不可欠な存在であり、また、医学と物理工学との融合は、ヒト脳機能解明への適切なアプローチを提供する。 本分野は数理工学の最先端知識を駆使して、ヒト脳機能の詳細解明を図る分野である。 磁気共鳴の研究、教育に加え、シミュレーションを中心としたヒト脳機能の非線形数理解析の研究、教育を担当する。

教授 五十嵐 博中 IGARASHI Hironaka
准教授 鈴木 清隆 SUZUKI Kiyotaka
助教 渡辺 将樹 WATANABE Masaki
助教(超域学術院) 中村 亨弥 NAKAMURA Yukimi
特任助教 酒多 穂波 SAKATA Honami
  • 脳形態のシミュレーション
    熱対流を支配方程式とする数値シミュレーションの結果である。脳をひとつの「系」として表現する理論モデルを構築するための重要な第一歩である。

学内関連サイト

  • 医歯学総合研究科
  • 新潟大学医学部医学科
  • 新潟大学
  • 学内専用ページ
このページの先頭へ戻る