病態神経科学部門
病理学分野

神経疾患の生検・剖検検体の診断をスタートとし、形態を重視した手法により病気のメカニズムを研究し、治療法の開発につなげることを目指している。診断、研究、学生教育のすべては脳疾患標本資源解析学分野と共に行っている。
対象となる疾患は、系統変性疾患、発生異常・てんかん、加齢性疾患、脳腫瘍、脳血管障害、脱髄性疾患など、神経系の疾患全てが含まれる。生検例は脳腫瘍とてんかんの手術例を中心に年間約400例、剖検例は約40-50例を診断している。当研究所神経内科学分野、脳神経外科学分野および関連施設の他、全国から検体を受け付けている。
研究としては、免疫組織化学や電顕を駆使し、形態学を重視した実践的な研究を行い、症例報告、原著論文を多数発表している。こうした研究成果は新たな疾患概念や病態分類の提唱に結実している(下図参照)。さらに脳研究所内外との共同研究を重視し、共同利用・共同研究拠点「脳神経病理資源活用の疾患病態共同研究拠点」の中核分野として事業を展開している。またナショナルブレインバンクの中核施設として、臨床と基礎研究の架け橋の役割を果たすことにより疾患の治療法を開発することを目指している。

教授 高橋 均 TAKAHASHI Hitoshi
准教授 豊島 靖子 TOYOSHIMA Yasuko
助教 清水 宏 SHIMIZU Hiroshi
助教 他田 真理 TADA Mari
助教 北浦 弘樹 KITAURA Hiroki

画像1

アストロサイトにおけるタウ蛋白異常蓄積(リン酸化タウ免疫染色)。新規タウオパチーであるGlobular glial tauopathy (GGT)では、アストロサイト胞体および突起近位部において小球状のタウ陽性構造が連なり(a)、形態学的に大脳皮質基底核変性症(b)、進行性核上性麻痺(c)におけるタウ陽性構造と区別される。Fu YJ, et al. Acta Neuropathol 2010; 120: 21-32.

学内関連サイト

  • 医歯学総合研究科
  • 新潟大学医学部医学科
  • 新潟大学
  • 学内専用ページ
このページの先頭へ戻る