臨床神経科学部門
神経内科学分野

本研究所は、基礎部門に臨床部門を併せ持つ日本で唯一の脳研究所です。この特色を生かして、当教室は、脳研究所の各教室と協力しながら、遺伝学的、生化学的、細胞生物学的、病理組織学的な手法を駆使して、脳の疾患の克服を目標に研究に取り組んでいます。これまで、水俣病やSMON病など社会に深く関わる疾患の原因究明をはじめ、神経難病を中心に様々な神経疾患の原因解明と治療法の開発で成果を挙げてきました。一方で,多くの神経内科医を輩出し,神経疾患の地域医療にも貢献しています。日常の臨床の中から見出された新たな発見が、大きな研究成果に繋がっています。このように、私たちの研究成果は,多くの患者さんと第一線で診療に当たる医療者の協力の上に成り立っています。また、神経内科で扱う疾患は多様で、他の診療科との境界領域も多く、神経内科医には総合的な臨床力が求められます。私たちの教室は,この能力を持つGeneral Neurologist の育成に取り組みます。最先端の神経病態研究から、日々の神経診療まで、幅広い分野でのスペシャリストの養成を可能とし、世界の神経疾患の克服に向けた取り組みをリードする集団が私たちです。

教授 小野寺 理 ONODERA Osamu
講師 金澤 雅人 KANAZAWA Masato
助教 今野 卓哉 KONNO Takuya
講師(病院) 河内 泉 KAWACHI Izumi
助教(病院) 堅田 慎一 KATADA Shinichi
助教(病院) 徳武 孝允 TOKUTAKE Takayoshi
助教(病院) 佐治 越爾 SAJI Etsuji
特任助教(病院) 須貝 章弘 SUGAI Akihiro
特任助教(病院) 上村 昌寛 UEMURA Masahiro
特任助教(死因究明教育センター) 茂木 崇秀 MOTEGI Takahide

複数の病態に関わるプログラニュリンによる脳保護カスケード

プログラニュリンは,脳虚血後,血管内皮増殖因子(VEGF)を介した血管保護効果,インターロイキン10(IL-10)を介した抗炎症作用,核蛋白TDP-43を介した神経保護効果を有する.

脳神経外科1.jpg

「多発性硬化症・視神経脊髄炎研究のハイライト」

視神経脊髄炎はアクアポリン4抗体を特徴とするアストロサイトパチーであり, 多発性硬化症とは異なる免疫病態で発症し, 異なる神経変性病態を引き起こすという特徴がある.

脳神経外科2.jpg

学内関連サイト

  • 医歯学総合研究科
  • 新潟大学医学部医学科
  • 新潟大学
  • 学内専用ページ
このページの先頭へ戻る