English
脳病態解析分野へようこそ!私達の研究室は脳・神経のしくみとその病気・障害について研究しています。

ABOUT US

ヒトの脳の中には千億とも言われる神経細胞(ニューロン)とそれ以上のグリア細胞が存在し、その機能を司っています。神経細胞を星に例えると、さながら脳は小宇宙とも言えますが、さらに複雑なことに神経細胞は多数の突起をのばして各々にシグナルを伝達しあっています。ある意味では宇宙よりも複雑かもしれません。

宇宙の星の一つ一つを全て研究することは技術的にも理論的にも時間的にも不可能です。しかし身近な太陽や太陽系の惑星を研究することで、他の恒星や惑星の性質を類推することは可能です。同じように脳の神経細胞およびその連絡を一つ一つ明らかにすることも同様に不可能ですが、しかしミニチュア版の脳が存在すればそこから類推し正しい結論を導きだすことは可能です。

私達は小型魚類とハエの中枢神経を研究することで、ヒトの脳内で起きている現象を明らかにします。特に脳・神経機能の異常によっておこる疾患や障害の原因を明らかにし、その治療や理解に結びつけます。我々人類は系統図において虫と祖先を共有し、そして魚類を経て進化してきました。確かにヒトにしかない構造物もあるにはあります。しかし実はほとんどの脳・神経の構造や機能は既に魚の段階から存在します。また中心的な神経の機能、分子の働きはハエの段階から共通です。さらに小型魚類やハエにおいてヒト疾患と同様の病態を再現することも可能です。私達の研究室では魚やハエの脳・神経の働きを解明し、そこにおいて再現されるヒト疾患を治療することで、これまで難しかったヒト神経精神疾患の治療や理解につなげていきます。

News & Topics

  • - 2018.3
    松井秀彰. 脳研コラム パーキンソン病という病気 その1:http://www.bri.niigata-u.ac.jp/column/000983.html
  • - 2018.3
    松井秀彰. αシヌクレインとそのリン酸化. Medical Science Digest 44(3): 66-67, 2018
  • - 2017.10.4,5
    JSPS二国間交流事業、International Meeting on Non-Mammalian Models in Biomedical Research、において講演をしました(松井)。日本・インドの研究交流を目的とした事業で、マンガロールのNitte大学において非哺乳類モデルの医学生物学研究における有用性を討議しました。

  • - 2017.8
    Matsui, H.*, Sugie, A. An optimized method for counting dopaminergic neurons in zebrafish. PLOS One (in press)
  • - 2017.8
    Matsui, H.*, Matsui, N. Cerebrospinal fluid injection into adult zebrafish for disease research. J Neural Transm (in press)
  • - 2017.8.5
    松井秀彰. 小型魚類を利用したパーキンソン病モデル. 医学のあゆみJournal of Clinical and Experimental Medicine 262(6): 635-640, 2017
  • - 2017.7
    Matsui, H.*, Ryosuke, T. Parkinson’s Disease pathogenesis from the viewpoint of small fish models. J Neural Transm (in press)
  • - 2017.7.27~29
    第47回(2017)新潟神経学夏期セミナーがあります。脳研究所や研究室の見学を考えている方はこの機会に!
  • - 2017.6.2~3
    フラッシュトーク & ポスター: 老化モデルアフリカメダカはパーキンソン病に罹患する(松井) in 新学術研究領域(研究領域提案型)脳タンパク質老化と認知症制御 第6回班員会議
  • - 2017.5
    5月はウイリアムズ症候群の啓発月間です。
  • - 2017.4.14
    研究室が脳研究所の1Fに引越しました。
  • - 2017.4.5
    修士課程の山﨑さんが加わりました。
  • - 2017.4
    Matsui, H. The dopamine system, cerebellum, and nucleus ruber in fish and mammals. Dev Growth Differ (in press)
  • - 2017.3.27
    脳週間2017「見てみようヒトの脳と心」を開催いたしました。http://www.niigata-nippo.co.jp/sp/news/national/20170327315197.html
  • - 2017.2.15
    松井秀彰. 小型魚類を用いた神経精神疾患研究. ブレインサイエンス•レビュー2017. 253-270, 2017
  • - 2017.2
    Matsui, H. The Use of Fish Models to Study Human Neurological Disorders. Neurosci Res (in press)
  • - 2017.2.15
    松井秀彰. 生命科学を開く新しい実験動物モデル-11. 超短命脊椎動物アフリカメダカ. 生体の科学. 68(1): 80-84, 2017
  • - 2017.01
    新田君が加わりました。
  • - 2016年秋・冬
    来年度開始の修士課程、博士課程の募集があります。修士課程の出願期間は平成28年12月8日(木)~12月15日(木)、博士課程の出願期間は平成28年11月7日(月)~11月10日(木)、平成29年1月10日(火)~1月12日(木)です。脳病態解析分野で進学・研究をする場合は、手続きの方法等ありますので出願前にご連絡ください。見学は常時受け付けています。
  • - 2016.09.22
    Sugie, A., Möhl, C., Hakeda-Suzuki, S., Matsui, H., Suzuki, T., Tavosanis, G. Analyzing synaptic modulation of Drosophila photoreceptors after exposure to prolonged light. J Vis Exp (in press)
  • - 2016.07.19
    講演 "Teleost fish models of Parkinson's disease"(松井)in 第39回神経科学学会学術大会サテライトシンポジウム "大脳基底核の機能と疾患:基礎と臨床"
  • - 2016.05.18
    講演 "小型魚類を用いた神経疾患研究"(松井)in 第57回神経学会学術大会シンポジウム "神経疾患解明のためのモデル動物:線虫から霊長類モデルまで"
  • - 2016.04
    2016年度日本神経科学学会奨励賞を受賞しました(松井)
  • - 2016.03.18~19
    口頭発表 "ショウジョウバエ視覚系中枢における神経変性の分子機構解析"(杉江)in 第9回神経発生討論会(3月18,19日 東京医科歯科大学)
  • - 2016.03.16~18
    アートコンペティション第3位受賞 タイトル「Photoreceptor axon terminals in the Drosophila Visual System」
    in Bonn Brain3 – The general meeting of the Bonn Neuroscience Community(杉江)
  • - 2016.03.08
    講演 "小型魚類に見るパーキンソン病の時間的進行"(松井)in 千葉大学シンポジウム "時間軸から迫る脳機能"
  • - 2016.02月
    Frontiers in Parkinson's Disease 2016年2月号(Vol.9 No.1)【座談会 パーキンソン病の動物モデル―最近の話題】髙橋良輔/永井義隆/松井秀彰/佐藤栄人/望月秀樹
  • - 2016.02.16
    杉江が着任しました。
  • - 2016.01.16
    松井が着任しました。