フラビン蛋白蛍光イメージイング実習コース


フラビン蛋白蛍光イメージングは初心者にも容易にできる実験方法です。この特色を最大限に生かし、平成22年度〜30年度の9年間、新潟大学脳研究所共同利用・共同研究拠点プログラムの一環として、財政的な支援を受けて毎年実習コースを開催してきました。

9年間の参加者総数58名の方々は、学生から研究者の方まで幅広く、実際に脳研究の実際に触れてみたいという方から、フラビン蛋白蛍光イメージングの導入を考えておられる研究者の方、具体的な研究目的を達成するためにこの方法を使いたいと海外から参加された方まで、実に多彩でした。

我々自身、この実習コースを開催することによって、新たな人々との出会いが生まれ、大変楽しく、また有意義な経験をさせていただきました。

本実習コースは、澁木の定年退職により、平成30年度で一区切りとなります。

この技術についてご質問のある方は、今後は菱田 (rhishida@bri.niigata-u.ac.jp) までご連絡下さい。


平成27年度〜平成30年度の参加者の方々







第5回実習コース(平成26年7月29日〜31日、参加者7名)

(イントロダクションと実習の様子)





(集合写真と発表会)



(懇親会)



(実習の翌日に開催された夏期セミナーの様子)




第4回実習コース(平成25年7月23日〜25日、参加者8名)

(実習の様子)





(発表会)





(集合写真と懇親会)



(実習の翌日に開催された夏期セミナーの様子)





第3回実習コース(平成24年8月6日〜8日、参加者8名)

(イントロダクション)



(実習中の様子)





(集合写真と懇親会)





第2回実習コース(平成23年7月27日〜29日、参加者8名)


(実習中の様子)





(イントロダクションと参加者のプレゼンテーション)



(集合写真と懇親会)




第1回実習コース(平成22年8月3日〜5日、参加者6名)








もどる