最先端の設備と恵まれた環境で神経内科学の臨床・研究・教育をリードする
新潟大学脳研究所神経内科
新潟大学脳研究所臨床神経科学部門神経内科学分野
HOME 神経内科に興味をお持ちの皆さんへのメッセージ 研修プログラム参加者募集 研究紹介
ごあいさつ
教室のご案内
教室の概要
スタッフ紹介
神経内科関連・出張病院
特殊検査のご案内
外来診療のご案内
新潟県難病医療ネットワーク
椿神経疾患研究基金
神経内科だより
リンク
個人情報の取り扱い
本サイトについて
サイトマップ
お問い合わせ

日本神経学会 神経内科の主な病気

新潟大学脳研究所神経内科

HOME > 研究紹介 > 認知症の早期臨床診断

研究紹介


認知症の早期臨床診断

タイトル下線

 当科では軽度認知障害あるいは早期認知症における早期臨床診断とそれに基づく治療介入のエビデンスを得る目的で,記銘力障害を主訴に受診された患者さんを前向きにフォローする体制をとっています。アルツハイマー型認知症では記銘力障害が出現する数年前から脳内ではアミロイド沈着,神経原線維変化,神経細胞死がすでに始まっており,如何に早期の段階で的確に臨床診断できるかが問題となっているのは周知のことです。また,早期に診断したどのような症例に塩酸ドネペジルなどの治療介入を開始すべきかは未だ明らかではありません。そのような背景のもと,患者さんの同意を前提として,当科では遺伝子解析,髄液バイオマーカー,脳MRI,脳血流シンチグラフィー(SPECT)などを積極的に解析し,認知症の早期例を積極的に診断する試みを行っています。遺伝子解析としては,危険因子として確立されたApoEタイピング,また家族性の場合は,脳研遺伝子実験部門と共同でプレセニリン1・2,アミロイド前駆体タンパク,タウの遺伝子解析を実施しています。脳画像診断としては,大学病院放射線科によるeZISを用いた定量SPECT,脳MRI(VSRADを含め)をルーチンで施行しており,髄液バイオマーカーとしてタウ蛋白を測定しています。さらに将来的には,脳研の生命科学リソース研究センター(分子神経疾患資源資源解析学分野,脳疾患標本解析学分野),遺伝子実験部門,統合脳機能解析センター,病理学部門と共同で,包括的な認知症診療システムを構築していきたいと考えています。