基礎神経科学部門
システム脳生理学分野

マウスの頭蓋骨はうすく透明で、酸素代謝を反映するフラビン蛋白蛍光を用いると、大脳皮質の活動を容易に可視化できる。特に、聴覚野・視覚野・体性感覚野といった一次感覚野の活動を解析するのは容易であり、我々はこのメリットを生かして詳細な機能構築や経験依存的可塑性を研究している。このとき気になるのは、聴覚野・視覚野・体性感覚野の間に存在する領域、即ち連合野である。連合野は昔から研究されてきたが、マウス連合野の機能は、殆ど判っていない。連合野ニューロンは、様々な刺激に対して応答するので、情報の連合(統合)をしているのではないかと推測される。また刺激提示後にも活動し、何らかの短期記憶に関与しているように見える。実は情報の統合と短期記憶は意識の重要な要素であり、連合野が意識と深く結びついている可能性は非常に強い。しかし意識の研究に、仮説検証型の科学研究の枠組みを当て嵌めるのは、簡単ではない。我々は短期記憶と情報の統合が同時にかつ特異的に障害された遺伝子改変マウスを用い、仮説検証型のマウス意識研究に挑戦している。

教授 澁木 克栄 SHIBUKI Katsuei
准教授 菱田 竜一 HISHIDA Ryuichi
助教 塚野 浩明 TSUKANO Hiroaki
助教 吉武 講平 YOSHITAKE Kohei
特任助教 西尾 奈々 NISHIO Nana
  • フラビン蛋白蛍光イメージングでマウス1次視覚野(V1、上右)と2次視覚野(V2、上左)の活動を別々に記録できる。さらにそれぞれのニューロン活動を2光子イメージングで詳細に解析できる。

  • 麻酔したマウスの大脳皮質感覚野を解析すると、音刺激に対して聴覚野が、視覚刺激に対して視覚野が、皮膚刺激に対して体性感覚野が応答する。これらの領域は、意識のない麻酔下では刺激に応じない、高次連合野に取り囲まれている。

学内関連サイト

  • 医歯学総合研究科
  • 新潟大学医学部医学科
  • 新潟大学
  • 学内専用ページ
このページの先頭へ戻る